ぴこたんぐ遺産|北海道・北東北・福島の『みず、もり、そら』インスピレーション写真集。

for みらいみず みらいもり みらいぞら

( 作者ぴこたんぐが北海道・東北を旅して特に感動した自然、そして未来にそっと残したいと願う地域限定遺産編。 )
【みらいみず遺産】【みらいもり遺産】【みらいぞら遺産】【ぴこたんぐ遺産】
─ ぴこたんぐ認定登録件数/全7遺産 ─

【ぴこたんぐ遺産】とは・・・【みらいみず遺産】【みらいもり遺産】【みらいぞら遺産】を含む計4カテゴリーあります。
世界レベル(ユネスコ)や国レベル(自治体)の公的遺産に登録されていないかもしれないが、
北海道や北東北にはずっと残していきたい自然がまだまだたくさんあります。どの場所も甲乙つけがたい中、
誠に僭越で勝手(独断と偏見)ではございますが、数カ所個人的に選ばせていただきました。そして震災後この機に、
福島県原発問題と風評被害を加味し福島県特別枠も設け、陰ながら福島県にエールを送ることにしました。

※中には観光地化せずにひっそりと残したい場所もあります。現地へ赴く際は自然保護のマナーを守りましょう。
(更新日:2011年6月11日)

北海道・北東北限定【 みらいみず遺産 】

十二湖 青池
【 みらいみず遺産:No.01 】
十二湖 青池と湖沼群

読み方:じゅうにこ あおいけとこしょうぐん
場所:青森県西津軽郡深浦町

 白神山地に隣接する「十二湖」の由来は、大崩山山頂から眺めると12の湖が見えることからですが、実際には33の湖沼が点在し、中でも「青池」の澄んだ青色の水面は美しく神秘的です。

【アクセス時注意点】
※冬期間は通行止めのため十二湖へは車やバスなどで入れません。
※冬期間の白神ライン(県道28号岩崎~西目屋間)は通行止め。
※白神ライン約40kmの砂利道林道部分は狭く危険でオススメしません。

▶もっと写真を見る(十二湖エリア|青森県編)
▶ブログで詳しく見る(ぴこたんぐ公式ブログ)

神の子池
【 みらいみず遺産:No.02 】
神の子池

読み方:かみのこいけ
場所:北海道オホーツク総合振興局管内斜里郡清里町

 一年中水位の変わらない摩周湖の秘密は、地下を通り神の子池に水を湧出しているためです。摩周湖(カムイトー=神の湖)の伏流水との名前の由来のとおり、青く透き通った神秘の池です。

【アクセス時注意点】
※道道1115号線の入口看板から約2kmの林道は砂利道。
※冬期間の道道150号・道道1115号線は通行止め。
※5月過ぎまで雪が残っていることがあるので注意。

▶もっと写真を見る(阿寒国立公園エリア|北海道編)
▶ブログで詳しく見る(ぴこたんぐ公式ブログ)

北海道・北東北限定【 みらいもり遺産 】

紅葉の蔦沼 沼めぐりの小路
【 みらいもり遺産:No.01 】
蔦沼 沼めぐりの小路

読み方:つたぬま ぬまめぐりのこみち
場所:青森県十和田市

 蔦七沼の内の6つの沼(蔦沼、鏡沼、月沼、長沼、菅沼、瓢箪沼)と赤倉岳を探勝しながら、蔦の森(ブナの原生林)の中を歩ける遊歩道です。他に「野鳥めぐりの小路」もあります。

【アクセス時注意点】
※冬期間は雪やアイスバーンが多く、坂道や急カーブの運転注意。
※冬期間の八甲田山及び十和田湖からのルートは通行止め。
※5月過ぎまで雪が残っていることがあるので注意。

▶もっと写真を見る(蔦沼エリア|青森県編)
▶ブログで詳しく見る(ぴこたんぐ公式ブログ)

田代山より七時雨山を望む
【 みらいもり遺産:No.02 】
田代平高原 七時雨山

読み方:たしろたいこうげん ななしぐれやま
場所:岩手県八幡平市

 新日本百名山(岩崎元郎氏)に選定され知名度が上がる。七時雨山と県道30号を隔てた向かいの田代山とともに囲まれた田代平高原は眺望も良く、岩手県の癒しの異次元スポットです。

【アクセス時注意点】
※田代平高原には放牧場もあり、放牧牛への騒音などの注意が必要。
※冬期間は通行止めのため田代平高原へは車やバスなどで入れません。
※5月過ぎまで雪が残っていることがあるので注意。

▶もっと写真を見る(七時雨山・田代平エリア|岩手県編)
▶ブログで詳しく見る(ぴこたんぐ公式ブログ)

北海道・北東北限定【 みらいぞら遺産 】

開陽台(雲の自然アート。オーロラの様に真ん中が割れている。)
【 みらいぞら遺産:No.01 】
開陽台

読み方:かいようだい
場所:北海道根室振興局管内標津郡中標津町

 日本で唯一330°地平線を見渡せる台地です。武佐岳や開陽台牧場まで北海道ならではの大パノラマが広がります。冬にかけて運が良ければ四角い太陽の日の出を見ることができます。

【アクセス時注意点】
※往復路に開陽台牧場の脇を通る際、放牧牛への騒音などの注意が必要。
※冬期間は駐車場まで除雪アリ。
※冬期間は駐車場から展望台までの徒歩ルート除雪ナシ。

▶もっと写真を見る(根室エリア|北海道編)

寒風山夕暮れ時の不思議な雲群
【 みらいぞら遺産:No.02 】
寒風山

読み方:かんぷうざん
場所:秋田県男鹿市

 空と風を体感できる山頂と芝生に覆われた山肌、男鹿半島・八郎潟・日本海を360°見渡せる回転展望台、経の町大噴火口跡の片隅にある鬼の隠れ里巨石群、他穴場スポットが沢山あります。

【アクセス時注意点】
※冬期間は雪やアイスバーンが多く、坂道や急カーブの運転注意。
※冬期間の妻恋峠〜山頂(回転展望台)間は通行止め。
※冬期間の回転展望台は休業。

▶もっと写真を見る(寒風山エリア|秋田県編)

福島県特別限定【 ぴこたんぐ遺産 】

毘沙門沼と磐梯山
【 ぴこたんぐ遺産:No.01 】
裏磐梯 五色沼湖沼群

読み方:うらばんだい ごしきぬまこしょうぐん
場所:福島県耶麻郡北塩原村

 歴史は浅く1888年磐梯山の水蒸気爆発によって川がせき止められ形成された湖沼群です。水面の色が変化する美しい五色沼(毘沙門沼〜柳沼)と磐梯山を眺められる探勝路があります。

【アクセス時注意点】
※冬期間は雪やアイスバーンが多く、坂道や急カーブの運転注意。
※冬期間の旧西吾妻スカイバレー(県道2号白布峠付近)は通行止め。
※5月過ぎまで雪が残っていることがあるので注意。

▶もっと写真を見る(五色沼(毘沙門沼)エリア|福島県編)